治療について

産婦人科の治療について

メンズブライダルチェック(自費精液検査)について

当院では不妊治療における保険での精液検査以外にも、メンズブライダルチェック(自費検査)としての精液検査が可能です。

精液検査は、精液量、精子濃度、運動率、形態について検査していきます。検査は、最新の検査機器LensHookeと、顕微鏡での目視にて行い、生殖医療専門医の院長が判断します。

メンズブライダルチェック (自費検査)の方法

1検査のお申し込み  

  • 「メンズブライダルチェック自費精子検査お申込み」からご予約ください。
  • 問診が送られてきますので必要事項をご入力ください。
  • クレジットカード決済リンクをご登録の電話番号にメッセージで、またはメールアドレス宛に送付しますので事前決済をお願いいたします。お支払い方法はクレジットカード決済のみとなります
  • クリニックでの説明書、専用容器の受取をご希望される場合は、時間の調整が必要となりますので受付時間内にお電話でご連絡ください。

2採取容器と説明書の送付 

  • ご決済確認後、申込み時に入力した住所宛に通常3診療日で採取容器、説明書、結果郵送用封筒を送付します。

3Webから精液の提出日を予約ください 

  • 精液の採取は2~7日程度の禁欲期間をおいて採取し、採取後2-3時間以内にご提出いただく必要がございます。これらをふまえてご都合をご確認ください。

4精液を専用容器に採取しクリニックへ持参ください 

  • 2~7日の禁欲期間をおいて、コンドームは使用せず、マスターベーションで採取してください(コンドームには精子を殺してしまう作用があるものがあります。) 
  • 精子は射精した全量を容器に入れてください。
  • 採取後はしっかりと蓋を閉め容器の蓋、および本体にマジックで氏名を記入してください。
  • 専用容器とともに、結果郵送用封筒も住所等をご記入の上ご持参ください。

5精精採取後から提出までのご注意点 

  • 精液が入った容器は常温で保管してください。寒冷や熱に弱いので注意してください。
  • 特に、直射日光に当てる、カイロで温めるなどの過度の保温や、冷蔵庫での保管は精子を死滅させてしまいますのでご注意ください。
  • 提出のために持ち歩く際は、アルミホイルやタオルで包んで持参してください。

6検査結果レポートの郵送 

  • 提出日から3~5日で検査結果が送られてきます。
  • 検査結果は生殖医療専門医である院長のコメントがついたレポートとなります。 自費診察料が別途かかりますが検査当日に診察室で結果説明を聞くことも可能です。

     料金  6,000円(税込、送料込み) 

    CONTACT

    お身体についての
    お悩みを専門医師がお伺いします。
    まずはお気軽にご相談ください。